Quizoo クイズ・検定

認定のクイズ・検定日本国憲法検定
日本国憲法についてです 条文の穴埋め問題などを出題します
難易度 初心者・入門
合格点 3問正解/5問中  上級:9問正解/10問中
制限時間 5分以内
クイズ登録数 全5問 
受験者数 65人
合格者数 62人
合格率 95.38%
作成者 れきし
社会 [社会] [公民・政治・経済]
 日本国憲法検定を受験!  戻る
登録タグ  日本国憲法検定公民 問題を作成する  指摘・違反報告
関連するクイズ・検定

その他のクイズ・検定
 日本国憲法検定 のランキング [ ベスト10位 ]
順位 ユーザー名 回答(問) 正解(問) 経過タイム 合否 コメント
1 位 T.M. 5 5 00:00:09合格
2 位 ノンちゃん 5 4 00:00:49合格
[全てのランキング順位]  [コメント表示]
予習・復習/一問一答クイズ
出題文をクリックすると答え合わせのページが表示されます。
Q.日本国憲法の前文としてふさわしいものを選べ。
選択肢:われらは、平和を維持し、隷従と専制、圧迫と偏狭を…、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている…、自国のことのみに専念し,他国を無視してはならないのであつて…、そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて…
Q.第七条六項の内容としてふさわしいものを選べ。
選択肢:特赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認證すること。 、大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。 、特赦、大赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。 、大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認證すること。
Q.第二十条二項についてふさわしいものを選べ。
選択肢:何人も、宗教上の行為、祝典、行事又は儀式に参加することを強制されない。 、何人も、祝典、宗教上の行為、行事又は儀式に参加することを強制されない。 、何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。 、何人も、祝典、宗教上の行為、儀式又は行事に参加することを強制されない。
Q.第二十四条二項について。配偶者の選択、( a )、( b )、住居の選定、( c )及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。
選択肢:a.相続 b.財産権 c.婚姻並びに離婚、a.財産権 b.相続 c.離婚並びに婚姻、a.相続 b.財産権 c.離婚並びに婚姻、a.財産権 b.相続 c.婚姻並びに離婚
このクイズ・検定をリンクする場合は、以下のタグをコピー・加工してお使いください。

このエントリーをはてなブックマークに追加